Interview

思ったことを言いやすい・相談しやすい
風通しが良く、家族のように温かい会社です。

- 小野 貴志さん
/工務部(現場監督) 正社員・平成31年入社
今までに無い、新しい建設業です。福利厚生が整っていない・休みがないなどの、建設業全体が持たれているイメージと実際の体制を変えていこうとしている会社です。
  • Q1.入社のきっかけを教えてください。

    求職中に集団面接会で社長と出会い、それまで土木の会社は全く考えていませんでしたが、社長の会社で働いてみたいと思い入社しました。
    会社の将来の話や、今働いている人の話を実際に聞くなかで、自分が実際に働くイメージはあまり湧きませんでしたが、社長の人柄と直感で決めました。

  • Q2.数ある同業種の中で岩田建設を選んだ決め手はなんですか?

    建設業の垣根を超えた新しい建設業を作り出そうとするビジョンに惹かれました。

  • Q3.主にどんな業務をされていますか?

    今は、主に緑川第一発電所の更新工事の責任者として施工管理業務をしています。早くて入社3ヶ月ほどでサポートをしてもらいながら責任者として業務をします。
    また、会社主催のイベントチーム・会社業務のIT化を推進するチーム・入札関係・採用関係にも携わっています。
    同じことの繰り返しではなく、毎日新しいことの連続で、一日一日が充実しています。

  • Q4.現在まで、どのようなお仕事を経験してこられましたか?

    卒業後はスーツ屋でアルバイトをしながら求職活動し、岩田建設に入社しました。
    入社後は1〜2週間ほどの研修期間で工事の流れやお金の成り立ちを学び、その後は現場にて研修の中で分からなかったことや文字だけでしかイメージ出来ていなかったものを実際に見て学んでいきました。そこからは、短いスパンではありますが一つの現場を最初から最後まで経験し工事の流れを学び、知識と経験を積んでから舗装工事、管水路工事などの現場代理人をしてきました。
    今は工事がスムーズに進むように役所・協力業者との打ち合わせ、事故が起きないような現場作りを心がけています。

  • Q5.岩田建設はどんな雰囲気の職場ですか?

    社員の皆さんが家族のように温かくて優しいことです。分からないことも聞いたら熱心に教えてくれますし、思ったことを言いやすい・相談しやすい環境です。叱られることもありますが、その人の成長のために出し惜しみをしない、成長しやすい環境が整っていますね。特に社長は一人一人をしっかり見てくれています。
    最近は若手がどんどん増えて、活気のある雰囲気があるので向上心のある方にぴったりの会社だと思います。未経験入社の後輩も多く、土木を経験したことない人にしかない悩みというものも共有できていますね。

  • Q6.岩田建設に入社して良かったなと思うことはなんですか?

    私は入社前に3K(キツい・汚い・危険)などのマイナスのイメージがありました。しかし実際に工事をする側に立ってみると、インフラ整備を通して「そこに住む人たちの生活を豊かにするために自分たちはいるんだな」と、建設業の奥深さを感じました。
    私自身、熊本地震がきっかけで「誰かのために働きたい」という気持ちがより一層大きくなったので、困っている人の生活を守る仕事に就けていることも嬉しく思います。
    岩田建設は、2520という目標に向かって日々成長しています。その社員の一人として貢献できていることも幸せだなと思います。これからも新しい建設業を目指し、関わるもの全ての幸福の追求を根底に全力投球していきます。

  • Q7.「こんな制度があるといいな」「ここはもう少しこうしてほしい!」など、岩田建設へのご要望はありますか?

    今は仕組み作りをしている最中のため、これから要望などが生まれてくるかなと思います。

  • Q8.働く上で重要視していることや大事にしている価値観はなんですか?

    ありません。むしろ、以前の自分のように、建設業にマイナスなイメージを持つ人たちに「建設業はここがいいんだよ!」とどんどんアピールをし、将来子どもたちが憧れる職業にしたいです。そのためにももっと会社を成長させて、岩田建設のブランド力を上げていきたいです。。

  • Q9.働く上で重要視していることや大事にしている価値観はなんですか?

    責任感、向上心、感謝です。
    会社の企業理念・求める人物像がまさにこの3つが備わっている人です。
    「責任感」は工事だけではなく自分の発言に対する責任もかかっています。「向上心」は、様々な資格にチャレンジするもしないも、勉強するもしないも自分次第なので、向上心を持って取り組むことを大事にしています。
    「感謝」についてですが、工事は自分1人の力では出来ません。協力してくださる会社の方々、先輩方と地域の皆さんに対する感謝の心は忘れちゃいけないなと思いますね。
    自分はまだまだ足りないことばかりですが、毎日この3つを意識することで物事を判断する際に迷いが生じなくなると感じています。

  • 10.お仕事において、やりがいやモチベーションに繋がっている事はなんですか?

    社会に貢献出来ることです。
    インフラ整備により、生活の便利をつくり災害から守っているという意味で、地域の皆様に貢献出来ていると感じています。工事が終わって、地域の方々から「ありがとう」と言われたときは、このために頑張ったんだと再認識できます。「誰かのために」という精神は、自分の原動力になっています。
    また、工事が完了すると成績評定点が付くのですが、自分が完成させた現場に点数が付けられることはモチベーションに繋がっていますし、前回の点数よりより高くなるようにと上を目指せます。この点数が社内評価に関係しているので、給料を上げていきたい方にとってもモチベーションになると思いますね。

  • 11.今後の目標を教えてください。

    まずは2520に向けて熊本県での優良工事表彰を取ることです。トップを取り、県知事の前で社長が挨拶をする姿を見たいですね。
    これから会社の中堅の立場になるので、後輩と先輩の架け橋としての役割を自覚し、若い社員の教育を経て会社の力の底上げをしていきます。

  • 12.岩田建設の自慢をお願いします!

    今までに無い、新しい建設業です。福利厚生が整っていない・休みがないなどの、建設業全体が持たれているイメージと実際の体制を変えていこうとしている会社です。
    事業としても新しいことに挑戦をしていて、例えば2021年から指定管理団体としてキャンプ場の運営をするなど、建設業では珍しいことにも取り組んでいます。

  • 13.岩田社長の自慢をお願いします!

    とにかくポジティブで、愛が溢れる社長です。自分から握った手は絶対に離しません。
    定期的に電話もかけてきてくれますし、食事会を開いてくれて悩み相談や近況報告をする機会を社長自ら用意してくれます。積極的に部下とコミュニケーションを取る姿を私も真似していきたいですね

  • 14.働く仲間の自慢をお願いします!

    みんな優しいです。なんでも知っている職人さんに、お手本となる先輩、どんどん成長する後輩。それぞれの個性が面白いぐらいに調和しています。
    私が未経験で知識も全くなかったのですが、なんでも教えてくれる先輩がいてすごく心強いです。現場のお仕事でよくある「見て覚えろ」という風潮も無く、自分は今何が出来ていて何が出来ていないのかきちんと上から指示をもらえます。
    後輩は比較的に度胸がある人が多いですが、自分から発信できない大人しい後輩には自分からしっかりアクションをかけていきたいですね。
    自分と同じで未経験で入社する人が多いので、きっと悩んでいる気持ちは私が一番理解できると思います。私を手本にしてくれている後輩もいるので、負けないように頑張りたいです。

  • 15.どんな人が入社されたらうれしいですか?どんな人と働きたいですか?

    責任感、向上心、感謝の精神がある人です。自分だけではなく周りを巻き込んでなんでも取り組める人がいいですね。
    本当に人柄が大事だなと感じています。先日も面接する側として集団面接に参加しましたが、企業理念を話しても共感したり理解したりする人もいれば興味を持たない人もいることを実感しました。前のめりになれるほど向上心があり、周りの方に感謝できる人が入ってきてもらえたら嬉しいですね。

  • 16.入社希望の方にメッセージをお願いします!

    土木未経験の方も、入社に関する不安は入ればなくなります。自分も大学は教育学部で、全くの未経験でした。
    一緒に働こうと決断していただいた人は自分が責任をもってサポートします。飛び込んできてください!!岩田建設を一緒に成長させていきましょう!

  • 17.休日の過ごし方や趣味について教えてください。

    コロナで今はあまり出来ていませんが、ゴルフ・映画鑑賞・山登り・キャンプです。特に体を動かすことが好きです。
    最近は、部屋を真っ暗にしてネットで映画鑑賞をしています。